卵子の老化を防ぐ食べ物とは?

妊娠の可能性を高めるためには、卵子の老化を防ぐことがとても大切です。そのためには生活習慣を見直す他、毎日の食事にも気を配る必要があります。

そこでこちらでは、卵子の老化を防ぐおすすめの食材をご紹介していきたいと思います。現在妊活中の方も、将来的に妊娠を希望している方も、ぜひ日々の献立づくりにお役立て下さい!

卵子の老化は食べ物で防げる?摂取するべき成分とは

私たちの体は加齢に従い、刻一刻と「酸化」していきます。細胞の酸化はすなわち老化を招き、肌や髪、内臓といった様々な部位が老化するのも、この酸化のためです。卵巣も例外ではなく、機能を衰えさせないためには酸化に抗う「抗酸化作用」を持つ成分を積極的に摂取することが大切です。

抗酸化作用のある成分

ビタミンE

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれており、優れた抗酸化作用を持つことで知られています。脂溶性ビタミンであるビタミンEは、ごま油やオリーブオイルといったオイルと合わせるとより効率的に摂取することができます。

また、ビタミンEは女性ホルモンの代謝に関わる成分でもあるので、普段の食卓に取り入れることで女性機能をアップさせることに繋がります。実際不妊治療に用いられることもあるので、自宅でも積極的に摂取したい成分です。

ビタミンC

美肌効果や美白効果で有名なビタミンCですが、こちらも優れた抗酸化作用を持っています。食べ物の変色を防ぐためにレモン汁を振りかけることがあると思いますが、これはレモンに含まれる豊富なビタミンCによって、食材の酸化を防ぐことができるためです。

また、ビタミンCはビタミンEと同時に摂取することで、それぞれの働きを高める作用があります。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは抗酸化物質の中でも随一の抗酸化作用を持っています。

あまり馴染み深い成分ではありませんが、卵巣だけではなく全身の老化予防に効果を発揮し、いつまでも錆びない体づくりに役立ちます。

亜鉛

亜鉛は抗酸化物質ではありませんが、女性ホルモンの分泌を活発にする作用があり、加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が低下している方はぜひ積極的に摂取したい成分です。

また、亜鉛は男性の精巣機能を高める効果も期待できるので、妊活中の方はパートナーと一緒に摂るようにすると良いでしょう。

卵子の老化を防ぐ!おすすめの食材一覧

ビタミンEを含む食材

日常的な食材ではかぼちゃやアボカド等に多く含まれています。その他、アーモンドなどのアッツ類にも豊富に含まれており、普段の間食をナッツに置き換えれば、手軽にビタミンEを摂取することができます。

脂溶性ビタミンであるビタミンEは油と合わせるとより効率的に摂取することができるので、油で炒めたり、ドレッシングをかけて食べるのがおすすめです。

ビタミンCを含む食材

ビタミンCは言わずと知れた柑橘類の他にも、イチゴやブロッコリーなどに多く含まれています。こちらは水溶性のビタミンなので、調理する時はあまり水やお湯を使わないようにしましょう。また、熱に弱いのでできるだけ加熱せず、生のままいただくのがベストです。

アスタキサンチンを含む食材

カニやいくら、鮭や海老など、海産物の「赤い」色素に多く含まれています。

食卓に並ぶ機会の少ない食材も多いですが、鮭であれば朝食やお弁当のおかずとして積極的に食べることができますね。

亜鉛を含む食材

亜鉛は牡蠣やうなぎ、レバーや大豆製品などに多く含まれています。

こうした栄養素を毎日摂取できればベストなのですが、忙しい日々を送っているとバランスの取れた食事を考えるのはなかなか難しいですよね。そんな時は妊活中の方に向けたサプリメントを活用してみるのもおすすめです。

下記ページでは実際に購入した方の体験談も掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。