高齢出産の定義と危険性

近年は女性のライフスタイルの変化により、初産の年齢が上がってきています。

20代の頃は仕事に打ち込み、30代を過ぎてから結婚・出産という人生設計をとる方が増えてきているのです。人気のタレントやモデルさんに35歳や40歳を過ぎてから出産する方がいるのもあって、ある程度の年齢を過ぎてから妊活をはじめる方が年々多くなっています。

しかし、一定年齢を過ぎた出産は「高齢出産」と定義され、様々なリスクが伴います。

もちろん高齢出産でも母子ともに健康に出産を終える方もたくさんいますが、ライフプランを見誤らないためにも高齢出産にまつわるリスクをしっかりと覚えておきましょう。

高齢出産の定義とは?

日本産科婦人科学会では、「高齢出産」の定義を35歳以上と定めています。

ただし、基本的には35歳以上での初産を高齢出産とするため、経産婦に関してはこの限りではありません。これは、一般的に初産の方が経産婦に比べて、出産に伴う様々なリスクが高まるためです。

一方で経産婦に関しても35歳以上の出産は若い頃と比べて出産時のリスクが付きまといますので、35歳以上の妊娠・出産をまとめて高齢出産とする場合も多いようです。

以前は高齢出産の定義がさらに低かったのですが、女性の社会進出によっていまや全体のおよそ4分の1が35歳以上の分娩とされており、高齢出産の年齢が引き上げられることとなりました。

高齢出産の危険性

それでは、高齢出産にはどのようなリスクが付きまとうのでしょうか?

母体だけではなく、お腹の赤ちゃんに影響が及ぶ場合もあるので、事前にきちんと把握しておきましょう。

妊娠の確率が低下する

年をとると体の様々な部分に老化を感じることになると思いますが、生殖機能も同様に加齢により衰えてしまいます。精子や卵子の働きは年齢を重ねるごとに弱まってしまい、受精や着床が困難になってしまうのです。自然妊娠の確率も徐々に下がっていき、望んだ時にすぐさま子供を授かることが、だんだんと難しくなってしまいます。

染色体異常のリスクが高まる

ダウン症などの先天性の染色体異常は様々な要因から引き起こされますが、卵子や精子の老化が原因になることもあります。そのため出産時の年齢によって染色体異常のリスクはどんどん上がっていき、40代の出産ではおおよそ100人に1人の割合で生じるとされています。

妊娠中の病気にかかりやすい

妊娠中の女性に特有の病気に「妊娠糖尿病」や「妊娠高血圧症候群」といったものがあります。こうした病気は妊婦さんの体へ大きな負担となるだけではなく、お腹の赤ちゃんに影響が現れることもあります。

高齢での妊娠はこうした妊娠中の病気にかかりやすいとされていて、子宮筋腫など流産の原因になりうる病気のリスクも高まります。もともと糖尿病や高血圧を抱えていなくても発症することがありますが、高齢での出産をお考えの方は妊娠するまでに体調を整えておくと良いでしょう。

流産のリスクが高まる

高齢出産は流産や早産の可能性が高まるとされています。

妊娠初期の流産は胎児の染色体異常が原因となることが多いのですが、高齢妊娠は卵子の老化によって染色体異常が生じやすく、おのずと流産のリスクも高まってしまうのです。こうしたリスクは年齢を重ねるごとに上がっていき、40歳以上の出産ではおよそ40%とも言われています。

また、前述の通り高齢出産は妊娠中の病気にかかりやすいため、それらが原因の早産を引き起こしやすいのも特徴です。

今回高齢出産の様々な危険性についてご紹介いたしましたが、高齢出産には必ずこういったリスクが生じるというわけではけっしてありません。あくまでそういう傾向があるというだけのお話なので、高齢でも元気にお子さんを出産されている方はたくさんいます。

また、妊娠の確率を高めるために、妊活用のサプリメントを活用するのもおすすめです。下記ページでは実際に妊活サプリメントを購入された方の体験談がつづられていますので、興味がある方はぜひ覗いてみて下さい。