妊活中のお酒は控えるべきか?妊活への影響について

妊娠中は母体や胎児への影響を考え、妊婦さんは様々な制限のもとで暮らしていかなければなりません。妊娠中の飲酒がご法度なのは周知の事実ですが、妊娠に向けて体を整えている「妊活中」もお酒を控えた方が良いのでしょうか?

特にお酒を飲む機会の増える会社員はぜひ知っておきたいところ。

思わぬ影響を受けてしまわないように、妊娠とお酒の関係についてしっかりと勉強しておきましょう。

お酒を飲むと妊娠しにくくなる?男性も飲酒を控えるべき理由とは

飲酒と不妊の因果関係はいまのところ立証されておらず、アルコールの摂取量が多いと妊娠しにくくなる、といったことはありません。

しかし、飲酒によって月経痛が酷くなったり、PMS(月経前症候群)を発症してしまうリスクが高まるという報告があります。こうした月経障害を放置していると。子宮や卵巣の機能を弱まらせることにもなりかねません。

また、妊活中の飲酒はパートナーである男性も気を付ける必要があります。アルコールの摂取量が増えると精子の濃度が下がるという研究結果があり、受精が成立しづらくなってしまうのです。

飲み過ぎなければさほど問題はありませんが、赤ちゃんを望んでいるカップルは、女性側も男性側もアルコールの過剰摂取を避けるようにしましょう。

妊活中の飲酒はお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす?

お腹にいる赤ちゃんは、血管や胎盤を通じてお母さんが摂取した栄養素を受け取りながら成長していきます。そのため妊娠中に飲酒をすると、赤ちゃんがアルコールを受け取ってしまい、「胎児性アルコール症候群」を引き起こす可能性があります。

こうした理由から妊娠中の飲酒は禁物とされていますが、妊娠初期は症状がほとんど現れないことも多いので、妊娠に気づかない間にアルコールを摂取してしまうことがあります。

そのため妊活をはじめたらいつ赤ちゃんができても良いように、なるべくなら飲酒を控える方が無難です。

しかし、妊娠中にうっかり飲酒をしてしまったからといって、すぐさま赤ちゃんに影響が生じるとは限りません。アルコールを摂取したタイミングで妊娠が発覚しても慌てずに、その段階で禁酒をはじめれば問題がないことがほとんどです。

妊活中でも適量なら飲酒OK!ストレスを溜めこまない程度に

妊娠中と同様、妊活中もできるなら飲酒を控える方が無難ですが、あまり制限してもストレスが溜まってしまいます。元々お酒が好きな方ならばなおさらです。また、付き合いでお酒を飲む機会が多い方は、無理に禁酒をしてしまうと色々と支障がでる場合もありますよね。

妊活中のアルコールも適量ならば問題ありませんので、お酒を飲んでも良い日をあらかじめ決めておき、適切な摂取量を守るよう心がけましょう。飲み会が多い方は摂生していることを伝えて最初の1杯だけ付き合ったり、自宅での飲酒はなるべく控えるなど、完全な禁酒ではなくアルコールの摂取量を調整するのがおすすめです。

また、飲んでいる気分を味わえるノンアルドリンクも良いでしょう。

特に今までお酒を飲むことが習慣化していた方は、いきなり何も飲まないのは辛いかも知れません。会社帰りやお風呂あがりの1杯をノンアルドリンクに置き換えれば、無理なく禁酒を達成することができます。

最近はスーパーやコンビニでも手軽にノンアルドリンクが手に入りますし、お酒を飲むお店でも置いてあるところが多いので、積極的に利用して行きましょう。

妊活中は「できるだけ妊娠の確率を上げたい」と、どうしても神経質になってしまうものですが、お酒と上手く付き合ってストレスを溜めこまないことも肝心です。また、妊娠の可能性を高めるためのサプリメントを活用し、不安な気持ちを解消するのも良いでしょう。下記ページではおすすめの妊活サプリメントと、その体験談が掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。