妊活中はお酒を断りたい!なんて断るべき?

妊活中はなるべく飲酒を控えましょう

妊娠中の飲酒は禁物とされていますが、実は妊活中もできるだけアルコールを控えた方が無難です。アルコールの過剰摂取は月経周期を乱したり、生理痛を悪化させたりと卵巣や子宮にとってあまり良い影響を与えません。

また、妊娠希望の方はいつ赤ちゃんを授かっても良いように、普段から飲酒を控える方が安心です。

妊活中お酒を断る時はなんて言えば良い?

妊活中の飲酒があまりよくないことはここまでご説明した通りですが、自宅での飲酒は控えられても、付き合いの席に出なければならない時は必ずあるもの。

気心が知れた中なら正直に言っても良いかも知れませんが、会社の同僚や上司に「妊活中であること」を伝えるのは抵抗がありますよね。いつも同じ言い訳を使っていると怪しまれてしまいますので、いくつかパターンを用意したり、時には参加だけしてお酒を飲まないのも手です。

「飲み会自体には参加する場合」と「飲み会そのものを断る場合」の2パターンを用意しましたので、ぜひご活用下さい。

飲み会自体には参加する場合

体質的に飲めない

体質的に飲めないと伝えてしまうと、その後も同じ理由で断り続けることができます。「学生時代1滴飲んだだけで救急車で運ばれてしまって、それから飲んでいない」といったように、多少大げさに伝えるのがおすすめです。また、お酒を飲まなくてもその場の雰囲気を楽しんでいることを伝えれば、印象を良くすることもできます。ただし、それまでお酒を飲む姿を見せている人々には使えませんので注意が必要です。

健康のために禁酒している

健康診断の結果が悪く、健康のために摂生していることを伝えるのもおすすめです。

強引な人はそれでも「1杯くらいなら大丈夫でしょ」とお酒を勧めてくることもあるので、そういう時は「医者にとめられている」と言ってしまいましょう。

車できている/車を運転する予定がある

飲酒運転に関しては今ほとんどの会社で問題視しているので、「車できている、このあと車を運転する予定がある」と伝えるのも良いでしょう。部下が飲酒運転で捕まって困らない上司はいませんので、比較的スムーズに断ることができます。

飲み会そのものを断る場合

体調不良

飲み会そのものをエスケープするためには、体調不良を言い訳にしてしまうのが最も簡単です。体の調子は本人にしか分かりませんし、「体調が悪い」と言ってしまえば無理やり引っ張っていこうとする人はそうそういないはずです。

ただし帰り際に急に誘われた飲み会に対して使うと、つい先ほどまで元気だったことがバレてしまうかも知れませんので注意が必要です。あらかじめ飲み会になりそうなことが分かっている場合は、いかにも体調が悪そうに振舞うようにしましょう。

約束があると伝える

先約があるので参加できないといって断るのも良いでしょう。

あまり頻繁にそういった類の言い訳を使うと角が立つかも知れませんが、たまにある飲み会なら前述の「体調不良」と合わせて違和感なく断れます。

また、「親兄弟や友達が家に遊びにくる」と言うのもおすすめです。特に家族が理由の場合はそうそう強引に誘われることはありませんし、「遠いところからわざわざきている」ことを付け加えればより確実です。

パートナーや自分の家庭を理由にすると中には粘ってくる人もいますので、親との約束を口実にするのが最適です。親を大切にしていることに対して嫌な顔をする人はどの年代や性別でもいませんし、印象を損なうことなく離脱できます。

やはり妊活中は少しでも妊娠の可能性を高めるために、色々と気を配らないといけないことが多いですよね。とはいえアルコールもそうですが無理をしてストレスを溜めこんでしまっては、むしろ逆効果になることもあります。

そんな時は手軽に摂取できる妊活サプリメントがおすすめです。下記のページで詳しくご紹介していますので、ぜひ覗いてみて下さい。