妊活中に控えるべき食べ物とは?

妊婦さんは母体やお腹の赤ちゃんへの影響を考え、なにかと制限されることが多いですよね。特にお母さんが口にしたものは直接赤ちゃんへの栄養になるので、妊娠中は食べてはいけない物もたくさんあります。

では、妊活中はどうなのでしょうか?実は妊活中も妊婦さん同様、食べるものに気を付けることで赤ちゃんへの影響を最小限にとどめることができます。

そこでこちらでは、妊活中に控えた方が良い食べ物や飲み物を、理由を添えてご紹介しています。近い将来赤ちゃんを授かりたいとお考えの方はぜひ参考にしてみて下さい。

妊婦さんが食べてはいけないものは妊活中もNG?

お母さんが摂取した栄養素は、血管や胎盤を通じてお腹の赤ちゃんにも送り込まれます。そのため赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしそうな成分、たとえばアルコール等は妊娠中はご法度とされているのです。

そして妊婦さんが食べてはいけないものは、妊活中にもできるだけ控えた方が無難です。

妊娠を望んで妊活に励んでいるということは、いつ赤ちゃんを妊娠してもおかしくない状態です。偶然タイミングが重なり、お腹の中に赤ちゃんが宿っているにも関わらず、好ましくない食べ物を摂取してしまうということも起こり得ます。

とはいえ、あまり神経質になりすぎる必はありません。もし希望通り受精していれば赤ちゃんが宿っていると考えられる時期には、そうした食べ物を控える方が良いでしょう。

また、もしもそれらの食べ物を摂取してしまったからといって、ただちに影響が現れるわけではありません。妊活は長丁場になることもありますし、気にしすぎると食事を楽しめなくなってしまいます。妊娠中に良くない食べ物をとりあえず頭に入れておき、妊娠可能性のある時期にはできるだけ避ける程度でOKです。

妊活中は控えるべき食べ物・飲み物一覧

生の肉や魚、ナチュラルチーズ

生ハムやローストビーフ、スモークサーモンやナチュラルチーズ等の過熱が十分でない食べ物は菌が繁殖している可能性が考えられるので妊娠中は控えるべきとされています。

特に生肉に付着していることがある「トキソプラズマ」という菌は赤ちゃんに先天性の疾患をもたらすリスクがあります。

アイスやかき氷など、体を冷やすもの

冷えは万病のもとと言いますが、実際に冷たい食べ物や飲み物を口にすると内臓が直接的に冷やされるため、機能が弱まってしまうことがあります。冷たいものを食べ過ぎるとお腹を壊してしまうのも、このためです。

そして胃の冷えはその周辺の臓器にも伝わっていくので、子宮や卵巣を冷やしてしまうことにもなります。

コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲料

妊娠中のカフェインの過剰摂取は赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼし、早産や低体重児を招く危険性があるとされています。また、カフェインには体を冷やす作用もあるので、子宮や卵巣の働きを鈍らせてしまうのです。

少量であればさほど問題はありませんが、コーヒーのようにカフェインが多量に含まれているものは避けるのがベターです。

マーガリン

トランス脂肪酸は不妊のリスクを高めるという研究結果があるので、トランス脂肪酸の塊であるマーガリンは妊活中避けるようにしましょう。また、マーガリンを使ったサンドイッチやクッキーなども食べない方が無難です。

このように妊活中は避けるべき食べ物や飲み物が色々とあります。

また、同時に摂取すべき栄養素にも様々なものがありますが、毎日栄養素に気を配った献立を考えるのは大変ですよね。そこでおすすめなのが、妊活中に嬉しい成分がぎゅっと凝縮されたサプリメントです。

下記のページでは実際に妊活中サプリメントを活用した方の体験談が掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。