妊活とミトコンドリアの関係性について

ミトコンドリアとは?

理科の授業で誰もが習うミトコンドリア。名前は知っていても、体の中でどのような働きをするのかまでは分からないという方も多いですよね。

ミトコンドリアは人の細胞1つずつにおよそ数百~数千という、途方もない数が存在しています。そんなミトコンドリアですが、体内で生命活動を維持するのに欠かせない「ATP」という物質を作り出しています。
ATPはアデノシン三リン産といって、臓器を働かせる、体を動かす、食べ物を消化するといったすべての活動のエネルギー源となります。そのため、人間はミトコンドリアのおかげで生きていけるといっても過言ではありません。

また、ミトコンドリアが作り出すのはATPだけではありません。肌の潤いのもとになる「代謝水」という物質もまた、ミトコンドリアの働きによって生み出されています。

ミトコンドリアが妊活に役立つ?その理由とは

人間のエネルギーの源であるミトコンドリアですが、年齢を重ねるとともにその数は減少の一途をたどってしまいます。
つまりミトコンドリアが減少することで、エネルギー源が減り、体の元気がなくなってしまうのです。

こうした老化現象は肌や髪、内臓や筋肉の働きなど多岐に渡って引き起こされます。
年をとると肌の潤いがなくなったり、病気になりやすくなったりするのはこのミトコンドリアの減少によるものです。

また、老化現象は生殖機能にも及びます。

女性の体内にある卵子の数は年齢を重ねるごとに減っていきます。実は卵子は女児として生まれた時体内に決まった数を有しており、そこから成長するに従って数が減少していくのです。
男性のように一定周期で新しい精子が作り出されるのではなく、年齢を重ねるごとに蓄積された卵子が外に飛び出していくイメージです。
年齢を重ねるとこの卵子の蓄積が減っていき、妊娠の可能性がどんどん低くなってしまいます。

さらに、加齢によって卵子そのものの質も低下してしまいます。
卵子の形は通常きれいな円形をしているのですが、年をとるごとに楕円や歪な形になったりと変形していきます。
この状態の卵子は着床しにくい、つまり妊娠しにくい状態です。
もちろん35歳以上の高齢出産で元気に赤ちゃんを産んでいる方もたくさんいますが、30歳、40歳と年を重ねていくごとに不妊や赤ちゃんの先天性疾患の確率は上がっていく傾向にあります。

このような事実から、女性はなるべく若いうちに出産を終えた方が良いとされてきましたが、現代は女性のライフスタイルが多様化しています。
働く女性が増えている昨今、妊娠出産にはどうしても長期の休暇が必要となるため初産の平均年齢は徐々に上昇しているのです。
現在は35歳以上は「高齢出産」と定義づけられていますが、高齢での出産にまつわる様々なリスクを軽減するためには、卵子の老化を防ぐことがなによりも大切です。

そこで活躍してくれるのが、ミトコンドリアです。

体内のミトコンドリアの数を増やすことで体の老化を防ぎ、いつまでも若々しい状態をキープすることができます。卵子だけではなく肌や内臓の老化も食い止めることができますので、アンチエイジングにもおおいに役立ちます。

とはいえ「ミトコンドリアってどうやって増やせばいいの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。実はミトコンドリアを配合した、妊活用のサプリメントというものが市販されています。

下記のページでその効果や体験談について詳しく掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。