妊活中はどんな運動をすべき?おすすめの運動3選!

妊娠中は基本的に安静に過ごすべきですが、安定期の適度な運動はお産を楽にしたりといった嬉しい効果があるとされています。

では、妊活中はどうなのでしょうか?

実は妊活中も適度な運動を心がけることで、妊娠の可能性を底上げすることができるのです。こちらでは妊活中におすすめの運動をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

妊活中は運動をするべき?その理由とは

適度な運動は健康維持やダイエットに役立ちますが、妊活中にも嬉しい効果を発揮してくれます。では、実際にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

血行が促進される

運動やスポーツをしていると、だんだんポカポカとして体温が上がってくるのが分かると思います。これは体を動かすことにより血行が促進されているためで、運動習慣を身に付ければ冷え性を改善することができます。

冷えは万病のもとと言うように、体を冷やすと様々な健康被害を招いてしまいます。そして体の冷えは胃や腸といった消化器官から、卵巣や子宮にまで影響が及ぶのです。すると卵巣や子宮の働きが弱まり、月経不順や不妊の原因にも繋がります。

体を妊娠しやすい状態にするためには、健康維持に気を付けつつ、体を冷やさないように行動することが大切です。

ホルモンバランスが整う

運動不足は全身の筋肉量を低下させてしまいます。筋肉量は体の代謝と大きく関わっているので、運動不足の状態が続くと代謝が低下し、太りやすい体質へと変化してしまうのです。

また、代謝はホルモンバランスにも影響するため、代謝が低下しているとホルモンバランスが崩れてしまいます。さらに女性ホルモンの分泌量がストレスによって減少してしまうため、ストレス解消目的に運動を取り入れるのもおすすめです。

妊活中におすすめの運動3選

妊娠する確率をアップするには、まず健康な体づくりが重要です。普段あまり体を動かす機会が少ないという方も、これを機に運動習慣を身に付けましょう。

散歩/ウォーキング

妊活中の運動では、無理なく体を動かす習慣をつけるのが最も大切です。

ランニングや筋トレといった負荷の高い運動方法ではなく、散歩やウォーキングのようにゆったりと自分のペースで行えるものがおすすめです。

散歩やウォーキングは特別な道具も必要なく、思い立ったらその日の内にでも始めることができます。いつもより一駅前で電車を降りるのでも良いですし、ウインドウショッピングや街並みを楽しみながら歩くのも良いでしょう。

ヨガ

ゆったりとした動作で行うヨガもおすすめです。ヨガは体のストレッチだけではなく、心身のバランスを整えたり、ホルモンバランスを改善する効果も期待できます。

妊活中は何かと精神的に不安な状態が続いたり、ストレスを抱え込みがち。前述の通りストレスはホルモンバランスを崩す原因にもなりますので、ヨガで心も体もほぐしてあげましょう。

ピラティス

ピラティスはヨガと似ていますが、ピラティスの方がよりトレーニングに近い面を持っています。そのためダイエット効果や、シェイプアップ効果も狙いたい方にもおすすめです。

また、ピラティスは体幹を鍛えるトレーニングが基本になりますので、姿勢が整うことで骨盤の歪みを矯正し、妊娠出産に備えることができます。

このように、妊娠の可能性を高めるためには適度な運動を取り入れるのがおすすめです。その他にも食事や生活習慣に気を付け毎日基礎体温を計ったりと、妊活中は意外と忙しいもの。

そこで、時には妊活サプリメントに頼ってみるのもおすすめです。下記で紹介されている「ベビウェル」というサプリメントには卵子の老化を予防するミトコンドリアが豊富に含まれています。実際に購入した方の体験談も掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。